PENTAX review BLOG

雄大な景色が撮りたい!ってのと「ゾーンシステム」の話

リバウンドでビビットな色彩の世界に浸かっておりました。

が、今回はよいバランスがとれているのです。セレン調に戻ってきたし。

それにしても未だアンセル・アダムスの写真のような雄大な風景の世界を撮りた~いという欲望は満たされておりません…プンプン

まぁ~ね。これで喰っていってるわけではないので、仕方ございません。

荒川土手で我慢するしかないでしょう…シクシク

太陽の周りの雲と空を極力飛ばさないように撮影してみました。下部の橋やその下などのシャドー部分は、現像で持ち上げています。

ここまで輝度差があるとハイライトとシャドーの両端を一枚の写真に収めるには、HDR(ダイナミックレンジも拡張しています)を使うしかありませんでしたが、この程度のかけ方なら寧ろいい感じかなぁ~と。

HDRは、強くかかりすぎな感じがするので、普段は覆い焼きを使うのですが、今回はそれではちょっと間に合わなかったですね。

 

ところで、私、徐々にデジタルでのゾーンシステムの使い方が見えてきたかなという感触をもっております!フン!

始めは、スポット測光で被写体のいろいろな部分を測光して最終的なSSを決めていましたが、やはり、パターン測光で成り行きで撮影し、後でヒストグラムを確認という方法に切り替えてみました。

撮影がグッと楽になりましたね。当たり前かっ!

もっとも、今日はパターン測光に切り替え忘れてスポット測光で成り行き撮影をしておったのですが(笑)

 

加えて、露出の決め方の面でも基準のようなものが。

輝度差のある状況の場合は、本日の撮影と同様、基本的にはハイライトを飛ばさないようにし、現像でシャドーを持ち上げます。

K-5系のダイナミックレンジの優位性は、シャドー部分の強さにあると…実際、現像でシャドーを持ち上げてみると、一見つぶれているように見えるところにもしっかり諧調が残っています。

今日の写真なんかもそうですが、橋や橋の下の部分は背面液晶やPCでRAWをそのまま表示した段階では、ほとんど潰れているのですが、EV調整もしくは覆い焼き、HDRなどで補正するともりもり諧調がでてくるのですよ。

逆にハイライトを飛ばしてしまったかなぁ~って時は、実際、飛んでいることが多いですが(笑)

ただし、これはあくまでも個人的な感覚なんだとも思います。

で、輝度差のあまりない状況の場合は、ヒストグラムのピークが中心よりもやや左寄り(シャドー寄り)にくるように意識するようにしてみています。

 

アンセル・アダムスがやっていたようなゾーンシステムではないのですが、まぁ~そんだけ機材が進歩しているわけですから。

便利に使わない手はないと…アセアセ


6件のコメント

  1. 皐月の樹 より:

    お~!ダイナミックな空ですね~!雲の表情が美しい~!
    こういう逆光条件、難しいですよね~。太陽に薄雲が掛かっているときは、どうしても雲の白飛びは抑えられませんよね。太陽が出ていれば、絞って光芒出して・・・っていう撮りかたもできるのですが・・・

    私も基本、中央重点測光で、こういう逆光ではシャドー部を意識して、-2.0~-1.3くらいが多いかもしれません。で、現像で思いっきり持ち上げます^^;
    これまではPDCU4の覆い焼きで対応して追ったのですが、LR4はもっとシャドーが持ち上がる印象ですね~。
    ただ、そうすると絵画調の画になりがちなんで気をつけてます~^^;

  2. Ricky007 より:

    皐月の樹さん、こんばんわ。
    そうですねぇ~太陽のごく近いところの白飛びはさけられませんね。
    そもそも太陽を飛ばさずに撮影するにはとんでもないNDフィルターが必要ですもんね。
    まぁ~いかに旨く使うか?ってとこが課題だと思います。
    覆い焼きやHDR効果を使えば、かなりシャドーは持ち上がるので、そういう意味では現像ソフト万歳ですよね!
    LRは絵画調になりますかぁ~仕事柄PhotoShopは使うのでなんとなくわかるなぁ~
    実は、アドビの画像処理エンジン?あまり好みじゃないんですよ。それで、結局、SLIKYPIXにしたんですよね。LRがユーザも多くて、便利だなァ~てのはわかっているんですが…結局、へそ曲がりなだけなんですけどね。

  3. Pic-7 より:

    Ricky先輩、質問です^^/
    >シャドー部分の強さにあると…実際、現像でシャドーを持ち上げてみると、
    >一見つぶれているように見えるところにもしっかり諧調が残っています。
    これは、K-5(IIs)ボディの液晶に表示されるヒストグラムで潰れていても、PCでシャドー部を持ち上げれば諧調が復活するのでしょうか?
    それとも、潰れているように見えてもヒストグラムでは諧調が残っていると表示されているのでしょうか??
    そう言えば、最近定点撮影を昼と夜に行って、その違う時間の画像を合成して、
    夜景撮影なのに昼間に明るく映った人々の映像を撮っているアーティストが海外にいるみたいですね^^

  4. Ricky007 より:

    Pic-7さん。こんばんわ。
    先輩だなんて…(笑)
    復活できる部分は、ヒストグラムでは潰れていないです…と思います。
    白飛びする太陽や太陽の周りの雲と輝度差のある暗部が一枚の画像の同居してしまうと、デフォルトでかかっているコントラストの効果で、背面液晶やPCでは、ほぼ真っ黒にしか見えなくなってしまっている部分のことです。
    この部分をHDRや覆い焼き効果などを使っておこしてあげると、しっかり立体感をもった諧調が残ってるなぁ~と。
    逆に、暗部を基準にして一見飛んでしまっているように見えるハイライト部分を露出をおとして再現すると、確かに諧調は残っているものの立体感のようなものが失われているように思うのですよ。
    ダイナミックレンジっていうのは、あくまでも幅の問題なので、ハイライトであろうが、シャドーであろうが、諧調として残っているものは残っているはずなんですが、なぜかシャドー部に強いような印象を私は持っています。
    もっともボディーだけの問題ではなく、レンズなんかも関係しているのかもしれませんし、私の個人的な感覚かもしれません。
    という訳で、自分的には、白飛びさせたくない部分を+2EVもしくは+3EV(最悪でも+4EV)あたりに設定して、シャドー部分は、ある程度、成り行きにまかせるっていう撮影方法をとってみています。
    もちろんヒストグラムを睨みながらではあります。
    要するにまだまだ修行中ということなんです(笑)

  5. 黒顔羊 より:

    お~、ええ感じなんであります♪
    ゾーンシステム、今はヒストグラムという便利なものがあるので、これを使うのが一番簡単ですね。^^v
    K-5のダイナミックレンジ、14.1EVありまして、長い間この業界の番長やってましたねえ。^^
    RAWで撮っておけばシャドウからにゅるにゅると階調が出てくるんであります。
    私がNikon D600に転んだのも同じくダイナミックレンジ・・・14.2EVとK-5をちょっと上回ってます。
    でも、誤差の範囲でして、これを3年前から達成していたK-5のものすごさを改めて実感してますわ♪

  6. Ricky007 より:

    黒顔羊さん、おはようございます。
    ありがとうございます。
    そうなんですよね。いろいろな方法をやってみましたが、ヒストグラムが一番楽だし、確実ですね。
    D600もダイナミックレンジが広そうですね。
    PENTAXの後継機はもちろんこれよりもさらに広がっていないと…ですね。
    後だしジャンケンですもんね。

コメントをどうぞ

*

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。