PENTAX review BLOG

解体現場

解体の瓦礫に乗り上げつつ、解体を進めるんですね。

福岡にいたとき、この手の工事もやったことがあるのですが、福岡あたりでは敷地にそもそも余裕があるので、このような解体はしたことがなかったなぁ…ハハ

ちなみに、この解体現場を見ていて、昭和を残しておこうと思ったんですよね。

ひとつひとつの現場は小さいので、街が変化するってほどではないのですが、こういうことの積み重ねで…

よく言えば、街は再生する。

別の見方をすれば、過去の記憶や思い出が消えていくわけですもんね。

まぁ~必要なことだとは思いますが…


8件のコメント

  1. 皐月の樹 より:

    最近、ricky007さんの見ておられるのが、哲学的になってきておりますね~v^o^
    フィルムの方も、こちらのデジタルも・・・
    以前のスタイリッシュで、綺麗な都会的なお写真も大好きでしたが、こういう何気ない切取りも、いいですね~!
    これも、正方形のチカラ・・・?^^;;;

  2. Round Walk より:

    解体工事ってあっという間に終わってますよね。
    ちょっと前まで、建物があった場所が更地になってたりと。
    逆に、たまに実家に帰るといつの間にか新しい建物が建ってたりと。
    時代と共に、少しづつ街も変化してるんだなぁと感じました。

  3. Ricky007 より:

    皐月の樹さん、こんばんわ。
    いやぁ~哲学的…というか、段々適当になっていっているような…ハハ
    なぜかより日常的なものが撮りたくでしょうがないですね。
    不思議なもんです。

  4. Ricky007 より:

    Round Walkさん、こんばんわ。
    街の新陳代謝なんでしょうけど…古いものがなくなっていくのは寂しいですね。
    って、その発想がおじさんなんでしょうが…(笑)
    いずれにしても、変わっていく街のなかで暮らしているわけですからね。
    写真をとるくらいしか自分にはできません…ハハ

  5. 黒顔羊 より:

    ほぉ~、こうやって解体するんだ・・・
    スペースがあれば、いろんな方法がとれるんでしょうが、こういう敷地だと乗り上げてやるしかないんですね。
    木造なら簡単なんでしょうが、RCでもこれをやりますか・・・
    その無理やり感にかんど~しました~。^^

  6. Ricky007 より:

    黒顔羊さん、こんばんわ。
    でしょ!かなり無理やりなんですよねぇ~!!
    今日も通りかかったのですが、今日は前後に二台のユンボがはいってましたっ!
    最終的にどうするのか?見ものです(笑)

  7. Pic-7 より:

    おぉ~、来ました、乗り上げ解体!
    DemolitionなPhotogenic Momentです。
    U.S.A.な爆薬でドーンは動画では画になりますが、日本の解体シーンは静止画で画になります。
    僕もこんな工事現場の写真を撮るのが好きなんですが、世の中で流行の”女子Photo”と真逆なマッチョな路線がカッコイイです。

  8. Ricky007 より:

    Pic-7さん、こんばんわ。
    ハハハ!マッチョな路線!ですねっ!
    しかし、この写真をみていると、こうしないと解体できないんじゃないかという気になってきましたよ。
    強引だけど理にかなっている!
    さすがプロです(笑)

コメントをどうぞ

*

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。