PENTAX review BLOG

天体/星野/星景写真

忙しく…撮影もブログもサボっておりますが、マイブームのCGで!

ちょっと昨日、今日と忙しく…撮影もブログもサボっております。

なので、この間作ったCGで、お茶を濁してみる。

CG完全にマイブームです!


昨日の続きですが…星を流してみました。

昨日の北斗七星は静止状態を撮影したんですが、日周運動も撮影してみたんです。

 まぁ~結局、昨日と同様の愚痴なんですが、空が明るすぎるんですよねぇ~

一枚目は10分、2枚目は20分ほど流してみたんですが、長さとしては30分~40分は流したいなぁ~と。

 一枚目なんか顕著ですが、地表近くなんでこれ以上は難しいんですよね。

感度はISO80でいいとしても、これ以上絞っちゃうと星の線が薄~くなっちゃうしなぁ~って感じな訳ですよ。

やっぱ多少ロケーションは考えないとなぁ~と思う今日この頃であります。

秩父の山奥に入っていくのは、ちょっと大変なので、もう少し簡単にいけて、かつ、もう少し暗いところ…ってどこかなぁ~

 

で、コラボは…

 

 

いろいろ悩んで迷っているってことで…


北斗七星を撮ってみた!で、遊んでもみた!

早速!星やってきました!

昨日は、K-7でもお見せした通り!雲ひとつない空でしたので。

かなり夜中だったので、北斗七星は天空高くにあり好条件!ので、FA31mmの開放F1.8、ISO800、SS15秒という設定です。

しかし、荒川の河原の暗~いところではあるものの…熊谷あたりでは星野写真はつまんないですね。

南の空は東京の明かりがあるし、東も北も近くの街の明かりがあるし、比較的暗いのは西の秩父方面くらい…

必然的に天空高い位置にカメラを向けるしかない訳ですよ。まぁ~夏なら天の川なんかが写ってくれれば、よいポイントになるんでしょうが、この時期はちと無理。

やっぱ、ポイントになる被写体を入れる星景写真にしないと!です!

 

でっ!このままじゃぁ~つまんないのでっ!

ばりばりにノイズリダクションをかけてくっきりした星だけを残し、空の部分を抜き、黒の背景をつけて加工してみました。

これは星座のラインを加えてみたやつね。

ああぁ~ひっくり返してますっ!

で、こっちはキラキラバージョンです。もはや写真ではなくCGですな。

 

で、コラボ!北斗七星なんでね。これは、とりあえずやっとかないないとね。

 

 

しかし北斗の拳の核戦争の設定は199X年なんでしたね。

いやぁ~核戦争がなくてよかった!よかった!


星景撮影は寒さと戦いですな!

先週の金曜日にひさびさに星景をやってみました!

美しい星野写真は、熊谷近辺では難しいので、今年の目標は星景に切り替えているんですが、今度はロケーションに苦しんでおります…

そういえば、よく行く荒川の河原に枯れ木があったなぁ~と思い出し、とりあえず行ってみました!

しかし、思いつきで行ったはいいけど…寒い~!

外気温は0~マイナス1度ってとこですが、若干の風…これが吹きっつぁらしの河原ではきつい!

オリオン座だけで退散しましたぁ~写りは、まあまあかなぁ~ってレベルですね。

若干雲があったようで、すこし不満も残りますが…これ以上の滞在は不可能だったので、ご勘弁ください!

 

で、コラボ!そのままですがこれね。

 

 

しかし…最近、彼を見かけませんね。

もうた~んと稼いだんで、せこせこ働く必要はないんですかねぇ~!うらやましい!


最高の星景写真を撮ってみたい!

年来の希望なんでありますが、今年は最高の星景写真をとってみたいなぁ~と。

赤道儀さえあれば、簡単に星の写真は撮れるもんだと思っていたんですが…ナノ・トラッカーを使った星野写真は、ことごとく失敗に終わり、そのまま、ずるずると来ているわけでございます。

星野写真は、文字通り星空だけが被写体になるので、それなりの密度と均一の条件で星が写っていなければ絵にならない=光害のないロケーションが求められる=そんな場所はなかなかない!

なんで…

まずは、光害こみの星景写真でいこうかと思っている次第であります。

星景写真であれば、とにかく画角の中に強い光がなければなんとかなるので、比較的ロケーションが楽なうえに、写り込む景色を選べば、風景写真としての楽しみもあるしね。

で、まずはやってみました。

場所は、熊谷市郊外の大里のあたりです。

完全に光がないロケーションではないんですが、見上げる空の星の数は、このあたりにしてはなかなか良好なんであります。

南の空...冬の星座の主役!オリオン座ですね。

北の空...北斗七星が写ってますが、わかりますか?

とりあえず、今回はナノ・トラッカーなしでISO3200、ss15秒、F4でやってみました。

※WBはPDCU4のグレー点設定

赤道儀なしの場合、15秒程度が限界。なので、かなりノイジーではありますが、まぁ~これはひとつの基準かなぁ~と思っております。

今後は「赤道儀を使って露光時間を延ばす。→景色が動いちゃうので、どのあたりまでならいけるのか?」とか「固定で露光時間を延ばして、星を流す→どのくらい流すのが美しいのか?」あたりを課題にしていこうかと思っております。

偶然なんですが、昨日、皐月の樹さんも星景写真をやられていましたので、お互い情報交換できればと思っております!(ほんと偶然でビックリでした!)

 

で、コラボ!

 

 

坂本九さんの名曲「見上げてごらん夜の星を」であります。

昨日の皐月の樹さんのコラボが坂本九さんの「上を向いて歩こう!」だったので、そこにもコラボしてみましたぁ!

歌は、大好きなボーカリストであります「夏川りみ」さんです!

まだまだ歌に写真が負けておりますが…今年中にはなんとかがんばります!


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。