PENTAX review BLOG

昭和の記憶

昭和の記憶~レコード店とバス停のベンチ~

ちょっと仕事が忙しく…二日ほどサボっておりました。

で、立て続けの昭和の記憶シリーズであります。

ただ、先週末の成果は、もうひとつ感があるので、二つ一度にいきますっ!

まずは…

レコード店であります。

もっとも、レコードではなくCDを売っているんだと思います…タブン

ただ、ここまで作りこんでしまうと、今更、CDって看板変えるのもねぇ~ってのりだと思われます(笑)

んで、もうひとつ!

バス停のベンチ自体はいまでもありますが…昔は、このタイプでありました。

「立派な品質」ってのが、昭和なキャッチですね(笑)

この写真、いづれも熊谷のお隣の行田市というところで撮影したのですが、街(秩父線行田市駅周辺)はおそろしく閑散としております。

電車と徒歩でいったので、疲れてしまい早々に退散しましたが、探索すれば、まだまだ昭和が発掘できそうです(笑)

これだから秩父線は面白い!!


昭和の記憶~ひび割れたガラス窓~

ひび割れたガラス窓をこうやって補強している光景って昔はよくありましたよね。玄関の引き戸の下のほうのガラスとか…

いまどきの窓ガラスってかなり進化してるのか、簡単に割れないし、ひびもはいりませんよね。

昔は、ちょっと小石があたった程度で簡単に割れましたっ!

子供のころ、小石を蹴って、人の家の玄関や窓ガラスを割り、慌てて逃げる…ってことも一度や二度ではなかったような(笑)

そうすると翌日には、このように修復?補強?されていたもんです(汗)

ちなみに、このガラスがあるのは、いつも行く郵便局の隣にある床屋さんです。国道17号に面しているので、車の跳ね上げる小石なんかが当たるのかもしれません。

まぁ~いまどきの子供はお行儀がいいので、ガラスを割って逃げるような真似はしないかと…滝汗

ちなみに、営業してますよぉ~!

一度、髪を切りましたが、店主がかなりのご老齢でありまして…髭剃りは、正直、かなり怖かったっす(笑)

この床屋さん、「ほそだ」なのか「ほんだ」なのかは、未だに不明であります(笑)

それにしても、この床屋さん自体が、昭和の記憶のような…ハハ


昭和の記憶~秩父鉄道1001系、1003系車両引退~

秩父鉄道1001系、1003系電車は、昭和32年(1957年)に登場した国鉄101系電車を1985年に譲り受けて運用されていた電車だそうです。

熊谷駅をうろうろしていたら、カメラをもった小僧やおっさんがちらほらと秩父鉄道のほうにいるのを発見し…どうやら、今年で引退が決まった両車両が目的のようだったので、私もしっかりご相伴に預かってまいりました(笑)

丁度、昭和の記憶シリーズをはじめたし、タイミングがよろしい…ウン!

首都圏の方ならこのカラーリングは懐かしいんじゃないでしょうか。

2007年に新鉄道博物館がOPENしたのを記念して、国鉄カラーにリバイバル塗装したとのこと。

1003系は中央線、1001系は京浜東北線でしょうかねぇ~?

私が大学に入った頃までは、中央線も京浜東北線もこのカラーリングでした…

ああぁ~懐かしい!!


昭和の記憶~熊谷~

8月っていう月は、終戦というか敗戦があったり、原爆など、太平洋戦争にからんで、昭和という時代を強く意識する月です。

加えて、南国・九州育ちの私は、子供の頃の思い出には、やはり夏が結びついていることが多く…昭和に対して特別な思いがする季節でもあります。

 

昨日は、秩父線熊谷駅をご紹介しましたが、熊谷には、昭和な情景がそちこちに残されていて…

まぁ~こんなご時世ですから、再開発が進んで、昭和がどんどん消えていくってほどではないのですが、少なくなってきていることも確かなので、昭和の記憶をしっかりログしておこうかと。

本拠地が熊谷なので、熊谷が中心になると思いますが、東京なんかも含めて時々やっていこうかと思います。

三桁の電話番号

熊谷の寂れた商店街の一角にある「ほねつぎ」さんです。

電話番号が三桁ですね(笑)

昔は、市外局番とか、市内局番?を省略して書いたり、言ったりしたことが多かったので、その名残でしょうが、下が三桁の番号はさすがに記憶にありませんね。

 

とまぁ~こんな感じで「昭和の記憶」やっていこうかなぁ~と。

 

PS
明日、明後日は、また、ブログはお休みです。夏休みはいろいろありまして…今週は子供の自由研究のお手伝いであります(笑)


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。