PENTAX review BLOG

洋楽

入梅

関東地方も梅雨に入り、しばらくは、じめじめしたうっとうしい日が続くのですが…

しかし、梅雨ってのは、入ったその日からすっかり梅雨になっちゃうんだよなぁ~

季節のように、序々にってのがない!

もうそれこそ、いきなりなわけで。

その代わり明けるときもいきなりだから、まぁよしとしましょうか。

しばらくは、こんな感じの写真が続きそうであります。

本日の645ブログは「中判らしい描写」です。


故郷のグリーングラス

北関東・熊谷には、はやくも初夏が訪れているようです。

日差しは強く、暖かく、空気は爽やかな春の風から湿り気を帯びた夏の風へとかわり、日陰や夜の涼しさに心地よさを感じる。

なぁ~んて感じですね。

実際、車に乗ると窓を開けるのか?エアコンを入れるのか?で若干迷いはじめてきました。まだ、今期はエアコン入れてませんが、窓を開けづらい高速なんかでは、そろそろエアコンが必要かな。

麦の収穫には、あと数週間ほど必要なようです。

お地蔵さんもさぞや熱いのでは...クールビスは?

田植えを待つ苗床

そこら中に葱坊主が

熊谷郊外の田園風景です。

米どころ越後、水田の広がる濃尾平野なんかと違って、ここいらは規模の小さな農家が多いようで、トラクターが豪快に放置されているようなことがないのが不満ですが、歳時記を感じるには十分な田舎なんです。

 

で、久々にコラボしてみようかと…

 

 

ちょっとイメージが違うんだけど、なつかしく故郷の思い出してって曲ですもんね。

 

ところで、みなさん知ってました?

この曲は、死刑になる因人が死刑前夜にみた夢をうたっているんですよ。

まぁ~原曲を聞けばわかるのですが、日本語の森山良子さんなんかが歌われている歌詞は、そのあたりのことがぼかされているので、知らない人も多いのではないかと。

設定も男性から女性になってますしね。

死刑になる因人なのかどうかはともかくとして、緑あふれる故郷から都会で出て行ってスレてしまい、故郷をなつかしく思い出すことは、具体的な環境云々ではなく、皆になんとなくある情景なんでしょうね。


三寒四温とはよく言ったもので…

三寒四温とはよく言ったもので、なかなか暖かい春の日は続いてくれませんね。

今週は、なんとなく曇り時々雨、んでさらに時々晴れって感じでしょうか。

まぁ~仕事も忙しく、カメラを持って出かける時間がないといえばないので、さほど被害を被っているわけではないのですがね。

「やったぁ~雨だぁ~」って感じに雨を喜んでいる自分を演じつつ、コンビニへの道すがらのスナップしてみているわけです。

葉の反射、水滴をポイントにしてみた。

露出的には左の葉の暗い部分を-1EVにあわせ、奥のシャドー部分を潰さないように設定して撮影してみました。

若干、トリミングしております。

 

こういう写真は、雨の時にしか撮影できないわけで…前向きにかんがえよっ!

 


テクニック話だけではさみしい…本日二本目!

テクニック話ばかりでは、寂しいので、春のお花を。

しかし…自然の中ばかりでなく、街にも花があふれておりますねぇ~

ほ~んと、日本人は花が大好きなのだってことを感じさせてもらえる季節でありますなぁ~。

今日は、曇り空ですが、明日からは天気は回復するようですので、また、明るい春を撮ってこようっと!

やっぱチューリップは華やかですなぁ~

これってなんの花?

オオイヌフグリ?

ネガフィルム調のテイストを使ってみた。これもおもろいなぁ~。

街にも花が咲き乱れ…春のうきうき感増幅させてくれますな。

さっ!明日からもはりきってまいりましょう!

 

 

花、春、明日からがんばろう!ってくると、私の勝手なイメージなのですが、これっすね。

※なぜか…始めのほうは映像がでてきませんがそのうち出ます(笑)懐かしい映像です。


なんちゃってセレン調にハマリ気味なんですわ。

昨日のエントリーの写真、セレン調を意識した「自作なんちゃってセレン調」なんです。

セレン調のなんたるや!ってことは全くわかっていなかったのですが、にわかにハマリつつあります。

よくもまぁ~コロコロと変わるもんですなぁ~おいらは。

一応、SILKYPIXで現像テクニックを磨くって点では共通しているんですよ!はい!

まぁ~そんな訳なので、自然が華やかに色づく春だというのに、錆系に気持ちがむいちゃっております(笑)

春らしさなど全くございませんが、昨日も今日も天気が悪いので、ちょ~どよいのでありますよ。

ちなみに、自作なんちゃってセレン調!昨日より若干青みを強めておりまして、私のなかではこれは「セレン調_強」ということになっています(笑)

なんてのかなぁ~なんかいいよね。この感じ!

 

 

写真とは全然関係ないのですが…なんとなくなんです。なんとなく。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。