PENTAX review BLOG

レビュー

645!実戦投入中!

早速、645を実戦投入中です!

もう待ちきれなくて、昨日、レンズを借りにいき、その帰り道で、バシャブーン(645のシャッターと巻き上げの音のつもり)!と撮ってきました!

あまりに興奮しすぎて、フィルムを送る封筒に切手を貼り忘れ(笑)現像所に平謝りであります(爆)

いやぁ~興奮しましたぁ~

何に興奮するかというと…

まず!ファインダーを覗いて興奮!立体感、臨場感が半端ない!

シャッターを押して興奮!バシャブーン!ってどでかいシャッター音!

まわりに注目されて興奮!みな珍しそうにみてるし!

まだ、現像もあがってきていないというのに大興奮状態で、本日二本目を撮りきり、現像所に送りました(今度は切手貼っております)!

楽しみだなァ~

ああぁ~それと!

レンズ3本とテレコンをお借りできました!

広角の「smc PENTAX-A 645 45mm F2.8」、標準の「smc PENTAX-A 645 75mm F2.8」、望遠ズーム「smc PENTAX-A 645 80-160mm F4.5」と2倍テレコンであります。

こんだけあれば、もう十分だなぁ~


SLIK PBH-400 ファースト・インプレッション

SLIKの高精度自由雲台「PBH-400」をようやく入手することができましたぁ~パチパチ

なので、本日は記事二本であります!

ちなみに「PBH」とは「Professional Ball Haed」の略らしいです。どうでもいいのですが…

 

そもそも私の雲台に対するニーズは…

(1)重たい機材でも安心なしっかりした雲台

(2)テンションコントロール機能

(3)クイックシュー付はいや!

という感じなのですよ。これとは別にギア式の雲台も欲しいのですが、それは、また後日。

で、上の条件を満たすのは、オイルフリュードなビデオ雲台かジンバル雲台、高精度な自由雲台ってことになるんですよね。

まぁ~ジンバルは、鳥撮りなんかの場合にはいいんでしょうが、普段使いにはかさばりすぎるので、まず、すぐに選択肢からははずれました。

そんで…二つの選択肢のうち、当初は、オイルフリュードなビデオ雲台に絞って検討していたのですが、こいつもなかな大きいのですよ。しかも、操作が大げさだし、且つ、高い!

仕事帰りに夜景なんかで主によく使うので、特にコンパクトさは重要なポイントだったので、やはり、高精度な自由雲台しかなかろうとなったわけです。

 

で、自由雲台といえば、梅本製作所の雲台ですよね。もちろん検討しました。

が、梅本の雲台は、テンションコントロールとロックをひとつのレバーでやんなきゃなんないってのと全高が高く、首の部分も長いってのに不安を感じてしまい…最終的にこのSLIK PBH-400に落ち着いたわけです。

まずはセレン調で(笑)

表面の質感もなかなかカッチョいい!

 早速、試してみました。

まず、カメラなしで、テンションコントロールを調整しつつ、台座をグリングリン動かしてみたんですが、おもったよりもスムーズ感はなく…むぅ~ちょっといまいちかも!と思い始めていたのですが…

三脚に固定し、カメラを装着すると…おおぉ~いい感じであります。動きが一気にスムーズな感じに!

 

さらに、それなりにテンションを調整してあげると…

こんなのも!

こ~んなのも!!

 平気なんであります。

もちろん、ロックはしてません。テンションがかかっているだけであります。

カメラはPENTAX MXで、レンズはM100マクロF4であります。なるべく、バランスの悪そうなカメラとレンズの組み合わせにしてみました。

こんなの!余裕だぜ!フン!

 これは、一気に細かな構図調整が楽に!非常に活躍しそうな予感です。

加えて、このくらいスムーズなら鳥撮りでもいけそうな予感!

しかも、オクで安く入手でき、大満足であります!

まぁ~一番は、しばらくの間、雲台のことで悩まなくてもいい!ってこってすかねっ!


MXのカラーネガ写真…一枚だけですが。

MXで撮影したカラーネガ写真もあがってきました…が、本日はちょいと忙しく

一枚だけっす。

先日、ご紹介した白木蓮をMXでも撮影していたようです。

覚えてないし…

レンズはM40F2.8だと思いますが…覚えてないし。

ん~皆さんのブログでも、話題になってましたが、記録を残す方法を考えねばっ!

かなりの晴天下の写真でしたが、木蓮の白…飛びませんね。

フィルムが帰ってきたら、改めてスキャンして、調整してみよっと。


今回のK2の秀作

このフィルムを撮影しているときは、光と影について明確な意図があったわけではないですが…いいなぁ~と思える秀作を集めてみると、やっぱり光と影が主役だなぁ~と。

考えてみるとこれって、デジタルっていうかカラー写真の裏返しなんですよね。

モノクロのほうがいいと思える絵は、裏を返せば、カラーではもうひとつってことにもなるわけで…

な~んかヒントがあるような。


モノクロフィルムで切り取る光と影

K2モノクロ現像があがってきました。

あっという間の三本目です。

まぁシャッター幕の問題なんかもあったので、いろいろな被写体を撮影したんですが、やっぱりモノクロ写真には光と影の描写がよく似合いますね。

今後のモノクロ写真のテーマは「光と影」になっていきそうです。

この一本は、前半をFA77でやったんですが、予想通り中望遠クラスになるとAPS-Cと135判のフォーマットサイズの違いによる画角の差を感じることができますね。

FA77の表現力、PENTAXレンズの中でも最も気にっているんですが、APS-Cでは少し遠くて活躍の場が限られますが、135判になると手軽で使いやすい印象になります。

 

ああぁ~ちなみに、時々シャッターが不調になって一部写り込んでしまう件、原因が判明しました(おそらくですが…)

フィルムを巻き取ってからしばらく時間がたってからシャッターを切ると問題が起きてしまうようです。

特定のシャッタースピードが使えないってことがじゃなくて、ちょっと安心しました。

なので、シャッターを切る直前に巻き取って、直ぐにシャッターを切れば問題なし!のはず!

しかも、よく見るとシャッター幕に油ジミのようなものがあったので、軽~くふき取っておきました。

ふき取り後は、巻き取りからシャッターを切るまでにタイムラグがあってもしっかり切れいているようでしたが、念のため、切る直前に巻き取りをすることにしています。

まぁ~古いカメラですからね。いろいろありますわ。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。