PENTAX review BLOG

Kマウントレンズレビュー

FA☆ズーム28-70mm F2.8 ALでK-5とK-5Ⅱsの解像感を比較してみた

K-5でのレンズ性能テスト時に解像感の高かったFA☆ズーム28-70mm F2.8 ALの焦点距離50mm域でK-5とK-5Ⅱsの解像感を比較してみた。

評価

  • ノーマル状態(シャープネス0)の画像を目視で比較しても両者の差はかなり微妙で、かなり一生懸命探さないと相違点は見つけづらい。印象としては僅かにK-5Ⅱsの画像のほうがクリアな感じがする…という程度
  • エクストラシャープネスをかけた画像のほうが差はいくらかわかりやすい。K-5のほうはシャープネスにより強調されている線が若干太く感じられる。
  • 月面で比較した時にも感じたことだが、人の目では知覚しづらいもののK-5Ⅱsのほうがディテールを解像している分、シャープネスをかけて強調してもナチュラルな感じになる。

解像度テスト等条件

  • ボディ:PENTAX K-5、PENTAX K-5Ⅱs
  • 絞り:F5.6
  • 焦点距離:50mm
  • ISO:200
  • カスタムイメージ:ナチュラル(パラメータは全てプラスマイナス0)※エクストラシャープネスのみ+1
  • シャッタースピード:1/15
  • 画像はすべてピクセル等倍

シャープネス0(左がK-5、右がK-5Ⅱs)

エクストラシャープネス+1(左がK-5、右がK-5Ⅱs)

K-5Ⅱsの中心部(シャープネス0)

K-5Ⅱsの中心部(エクストラシャープネス+1)


K-5Ⅱs vs K-5 FA77mmで高感度耐性を比較してみた。

基本的には変わらないということらしいのだが、ローパスフィルターレスが高感度ノイズにどの程度影響するのかが気になったのでテストを行ってみた。

テスト環境

  • 蛍光灯下の室内(ホワイトバランスは白色蛍光灯で)
  • ナチュラル(パラメータは全てプラマイ0)
  • ノイズリダクションOFF
  • レンズはFA77mmでF5.6
  • AF(ライブビュー)でピント合わせ
  • JPG撮って出し

結論からいうと、K-5とK-5Ⅱsの間で差はない。

むしろK-5Ⅱsのほうがディテールを解像している分だけノイジーにも見える。ただし、個体差レベルと言えなくもないので性能に変わりはないと考えたほうがよさそうだ。

今回のテストではJPG撮って出しで行ったので、後処理でノイズリダクションをかけることができなかったが、ISO800の画像(特に瞳のあたり)をみれば一目瞭然だが、K-5Ⅱsのほうがしっかり解像しており、このあたりの違いがノイズリダクションをかけたときにどのような効果をもたらすのかに非常に興味がわいてきた。

明日にでも後処理でノイズリダクションをかけたテストを行おうと思う。

※写真は全て左がK-5で右がK-5Ⅱs

ISO800

ISO1600

ISO3200

ISO6400

ISO12800


K-5Ⅱs vs K-5 FA31mmで解像感比較してみた。

FA 31mm F1.8 AL Limitedの解像度テストをK-5ⅡsK-5でやってみたので、FA31mmを介して両者を比較してみました。

FA31mmはそもそもシャープさを売りにしているレンズではない(このレンズの素晴らしさは諧調性の高さです!)ので、いづれは手持ちのスターレンズであるFA28-70mmの50mmあたりで比較してみようかとは思ってはいるんですが、現時点でのPENTAX最高のレンズは、やはり「FA 31mm F1.8 AL Limited」…なので、まずはこのレンズでやってみました。

ローパスフィルターレスとはよく言ったもんで、ほんとに一枚フィルターというか膜を取った感じになりますね。

レンズは同じものなので開放値別の解像度の変化は同じような感じですが、それぞれの開放値でローパスフィルター分の差がしっかりあります。

K-5でテストした時点ではF5.6にエクストラシャープネスをかけた写真などは素晴らしい解像感だと思っていましたが、K-5Ⅱsでは明らかにその数段上をいくようです。一番下の写真を見てもらえれば一目瞭然ですが、K-5+エクストラシャープネス+1の画像とK-5Ⅱsのシャープネス0の写真がほぼ同等かと。

ほ~んと田中希美男さんがおっしゃる通りローパスフィルターは単たる悪玉ですね。

開放F1.8比較

解像度ピークF5.6比較

エクストラシャープネス+1(F5.6)比較

K-5(エクストラシャープネス+1) vs K-5Ⅱs(シャープネス0)比較


FA 31mm F1.8 AL Limited(K-5Ⅱs)解像度:ピクセル等倍画像

総評

K-5でのテスト結果では若干甘めの描写が見られたもののさすがと言える結果だった。
また、開放値別の相対評価はボディをK-5Ⅱsに変えても変化はなかった。開放では若干やわらかく、F2.8あたりから十分にシャープでピークはF4~F5.6あたりかと思われる。
K-5Ⅱsでのテスト結果はローパスフィルターレスの文字通り一枚フィルターを取り去った解像感に上昇している。やはりK-5ではFA31mmの真の実力は発揮されていなかったと言えるのではないだろうか。
それにしても、K-5Ⅱsの実力は素晴らしい!ノーマル状態(シャープネス0)の解像感で、K-5でのエクストラシャープネス+1とほぼ同等程度の実力があるようだ。

解像度テスト等条件

  • ボディ:PENTAX K-5Ⅱs
  • ISO:200
  • カスタムイメージ:ナチュラル(パラメータは全てプラスマイナス0)※下段のエクストラシャープネスのみ+1
  • 露出補正:+1
  • 画像はすべてピクセル等倍

中央部分

・F1.8(開放F値)

・F2.8

・F4

・F5.6

・F8

・F11

・エクストラシャープネス(F5.6)


FA 77mm F1.8 Limited(K-5)解像度:ピクセル等倍画像

総評

  • F1.8開放時からまずまずシャープな描写だ。
  • F2.8からF4辺りにかけて解像感が増し、F4~F5.6辺りがピークのようだ。
  • F5.6からF8にかけては、ピーク時と比較すると若干落ちるが、その差は僅かだ。
  • ここには実写サンプルはないがF11辺りで僅かに回折の影響が出始める。ただし、僅かなレベルだ。
  • エクストラシャープネス(ピークF値のF4)はエクセレントだ。素晴らしい解像感を持っている。

予想通りというか、はやりこのレンズも優秀な結果を示してくれました。
解像感の高さは、同じFA Limited三姉妹のFA31mm Limitedを上回る性能をもっているようです。加えて、FA31mmと同様、諧調性の高さ、ヌケのよさは言うまでもありません。
あえて欠点をあげるならばAPS-Cではちょっと扱いづらい画角だという面ですかね…まぁこれは仕方ないですが。
PENTAXのフルサイズ機の登場が待たれるレンズの筆頭ですね。

解像度テスト等条件

  • ボディ:PENTAX K-5
  • ISO:200
  • カスタムイメージ:ナチュラル(パラメータは全てプラスマイナス0)※下段のエクストラシャープネスのみ+1
  • 露出補正:+1
  • 画像はすべてピクセル等倍

中央部分

・F1.8(開放F値)

・F2.8

・F4

・F5.6

・F8

エクストラシャープネス

・F4


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。