PENTAX review BLOG

池袋

J-WORLD TOKYO

J-WORLDと言っても、Jリーグ関係ではありません。少年ジャンプのテーマパークであります!!

先日、息子を連れていってきましたっ!

こういうイベントが開かれるってところが、東京のいいところですね。

子供のころは、何でも東京ではやっているのに、九州にはなかなかきてくれず…うらやましかったものです(笑)

入り口では麦わらのルフィーがお出迎えです。

現役のジャンプキャラでは、ルフィーとナルトが一番人気のようです。

しかし!

うちの息子の目的はこれ!ドラゴンボールの人気は根強いね。

身も心も「ベジータ」にささげている息子ですが、やはり、悟空には大興奮でありました。

一緒にフュージョンやかめはめ波のポーズを決めて記念撮影などしていただきましたっ!!

あっ!そうかぁ~!悟空とフュージョンってことは、ベジータってことですねっ!なるほど!!って皆さんには訳がわからないですかねっ(笑)

ドラゴンボールのアトラクションも一緒に楽しみましたが、案外、面白かったですよ。

3Dで、かめはめ波をうてるのですが、これはなかなか面白かったっす。

しか~し!

毎回、そうですが、こういうところにいくと興奮してしまって、ちっとも写真を撮っておりませんね…ハハ


人口光での描写

FA31ばかり使ってます。

このレンズの描写に対する評価は言うまでもなかった訳ですが、どうにもに使いづらい画角だなぁ~ってのがあったんです。

なので、DA15とか、APS-Cでは長めになる50mmとかの出番が非常に多く…FA31は、PENTAXが135判を出したときに本領発揮だなぁ~くらいに思ってたんですよねぇ~

なのに、なぜか!

ここにきてFA31mmだけでいいんじゃないかと思うくらい使いたおしているし、使いやすいと思っている!むぅ~謎です。

とまぁ~考えてもどうせ答えの出ない疑問はおいておき、FA31の再評価をぼちぼちしてみようかと思ったわけなんです。

で!

まず、あげたいのは、人口光下での描写ですね。

かたくなり勝ちな人口の光のもとでも、なんとも滑らかでやわらかい諧調を再現してくれるんですよねぇ~私はこのレンズを使って、まずここに惚れましたもん!

池袋LUMINEのレストラン街であります

ガラス越しなので、ちょとしらけて見えるかなぁ~?

中華レストランの照明

天ぷら(笑)

どうっすかねぇ~この感じが好きなんですよね。


土日はブログやすみます!

今週末も、ブログお休みいたしま~す。

この土日も子供の野球に付き合って、近所をうろうろって感じになりそうですが、今週末は、強い決意をもってデジタル写真をしっかり撮ってきます!!

このところ、すっかり645の魅了されてしまい、IIs+FA31というお気軽スナップしか撮影しておりませんから…ハンセイ

ではっ!

ちなみに…下の写真は、小5の息子が撮ったものです。な~んか意味ありげ。


再び夜景話。白色系の光源ではCTEはちょっと微妙。

東京芸術劇場から次は駅の反対側の東口へ。サンシャイン60であります。

こちらは東京芸術劇場とは一変、白色系の光源が主な被写体です。

結論からいうとCTEではいまいちです。

なんに引っ張られるのかは不明ですが、アンバー系の色が被っている感じになっちゃいますね。

なので…こうゆう場合は蛍光灯系のホワイトバランスがよさそう…んでもって露出をぐっと上げてって感じがいい。

という訳で、下の写真はすべて電球色蛍光灯です。

CTEも万能ではないね。

まぁでもおかげで夜景に関してはいろいろ勉強になったわ。ありがとうCTE!

nnnそれにしても池袋に行くと毎回思うこと…西口が東武で東口が西武。東京に30年くらい住んでるけど未だに違和感ありね。


CTEで夜景。電球色系がベストマッチかも。

仕事帰りに池袋で夜景やってみました。

まずは、東京芸術劇場ね。

昨日のさいたま新都心の夜景でも思ったけど、やっぱCTEの場合は電球色系がいい感じですな。

実際にはここまであったかい感じの色ではないんですが、私的には記憶色の再現って感じです。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。