PENTAX review BLOG

六本木界隈

首都高渋滞してまして…夏空の六本木ヒルズをDA15で!

いやぁ~昨日は、仕事で東京というか関東に西側をグルッと回りました。

熊谷出発~圏央道~八王子バイパス~お客さんの倉庫を撮影!~16号~東名~首都高~大師出口~扇島でお客さんの工場を撮影!~再び首都高~関越~熊谷…と走りましたっ!

次回、川崎に行くときは、ffanさんオフしましようね!

で、今日の写真は、行程真ん中あたりの首都高(3号線)の渋滞中に撮ったもんです。

DA15使ったのひさびさだったので、始めのお客さんの倉庫では、若干、構図に戸惑いました(笑)

やっぱ、適度に使っておかないと…画角の感覚も忘れるんですね。

しかし、昨日は久々の晴天でしたね。

空もすっかり夏!なんだかんだ言っても夏は大好きな季節。ウキウキしてきます!

そういえば…

二枚目の写真の奥に写っている東京タワーなんですが、なんか色が塗り変わったらしく、ちょっとダークな感じになってたんですよねぇ~

まぁ~色自体に文句はないのですが、なんとなくニセウルトラマンのような感じがしてしまい…今度、撮影してきますね!


若干不本意ではありますが…クリスマスイブなので。

また例によって、本日は自宅におりまして…ゆっくりパソコンに向うことができやせん!

なので、若干不本意ながら、東京ミッドタウンのクリスマスイルミネーションであります。

なぜ、不本意なのかというと…

ミッドタウンのクリスマスイルミネーション自体が超ど派手であまり好きになれなかった→まわりのカップルたちが「キレイ!キレイ!」を連発していて少々興醒めな感じに→人が多すぎて撮影に集中できない→さっさと主だったものを撮影して帰りたい!

みたいな感じで撮影したので、写真もほぼ全滅!※腕がわるいんだろ!っていう突っ込みは重々承知しておりますよぉ~(笑)

そんななかでかろうじて残った二枚なんですが、ああぁぁクリスマス・イブだというのにこんな程度の写真かよぉ~

ってな感じで不本意なんでございます。(説明が長いわっ!)

写真に写っている敷き詰められたLEDがミッドタウンの目玉イルミなんですが、この高さで見てても全体がよくわからんし(ブーブー)

ああぁもうやめやめ。

折角のクリスマス・イブに文句ばっかじゃね。

また、明日からがんばろ!

 

で、気を取り直してコラボね。ミッドタウンの「キレイ!キレイ!」を連発していたカップルに贈りますよ!

 

 

JR東海のCMも懐かしいですねぇ~。


この間のヒルズ行脚…残りカットっす。

先日の六本木ヒルズ行脚の残り写真でございます。

今週は週末自宅に帰ってきているので、現像とか…その手の作業がゆっくりできないんですよ。子供たちがうるさくて…

なんで、先日、現像しておいたものの蔵出しでございます。

っていっても手抜きって訳ではありませんので…まぁ手を抜いたからって誰から苦情がでるってもんでもございませんが。

六本木ヒルズといえばのお約束カットですな。

けやき坂イルミの別カット。奥の建物はテレ朝ね。

六本木にはまだ銀杏がありましたよ。

森タワーとテレ朝のツーショットです。

ノースタワー前のクリスマスツリー。ノースタワーとかいってるけど...日産ビルのことね。

で、六本木シリーズの最後のコラボは…ベタですがっ!これ!

 

 

バブルやねぇ~。ボディコンだし。しかも、ダ、ダンスがぁ~マハラジャしております。


六本木ヒルズのメイン?のイルミは卵?

で、昨日の続きです。

なぁ~んかこ今年の六本木ヒルズのメイン?のイルミは卵のようなもんなんですよ。

さすが、森美術館を要する六本木ヒルズ!現在アートですな!っていう好意的な見方もできるけど…僕的にはどうもいまいち感が。

もっとも、このイルミ中をくぐれるようになっていて、見物客たちは、嬉々としてくぐってましたんで、まぁ~いいのかなぁ~ともいえますね。

しかし、六本木ともなると…カップルが多いね。あたり前田の乳ボーロかぁ~。

これね。左の丸いやつ。

この角度からみると蜘蛛の獲物に見えなくもない。

この四角なところが入り口です。

ヒルズとたまご

もういっちょ!ヒルズとたまご

たまご多めにいれてみました

で、恒例になりました…曲のほうはですね。

昨日に続いて、東京→ニューヨークとして考えてぇ~六本木のカップルたちととくぅ~

 

 

です。懐かしいねぇ~。


都市の巨大なエネルギーに

夜景撮りやってるときによく感じるんですよね。

都市というか東京という街の巨大なエネルギー。

就学旅行で始めて東京にきたとき…大学受験、一人暮らしの学生時代…就職…退職して九州へ帰郷…再び東京へ。

一貫して、僕は東京という街が好きなんだよね。

こっちに来ている高校時代の仲間とはよくそんな話をするんだけど…いつかは九州に帰りたいと思う。

僕という人間を作っている素みたいなものは、やっぱり、九州にあるから。

でも、まだその時期じゃないんだろうなぁ~って。

感じ方は人それぞれ。

まだ、僕には、この街から受ける巨大なエネルギーが必要なのだろうと。

既出ですが改めて現像。ちょっと明るくしました。

なぁ~んとなく感傷的になっちゃいました。

コラボはこれです。

ちょっと違うんだけど、ニューヨークも東京も同じようなもんでしょう!しかも、Englishmanじゃなくて九州男児だし!

 


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。