PENTAX review BLOG

2012年1月

東京都庁の展望台にてダイヤモンド富士もどき

2012年1月30日フォトログ

パスポートの受け取りに東京都庁にいったんですが、ことのほか直ぐに手続きは終わってしまい…暇つぶしに子供たちと展望台にあがってみました。

フッとみると西側の窓際にカメラをもった方々が…たかってます。

ああぁ富士山なのね。んん~太陽の位置からするとこれはっもしやダイヤモンド富士を狙っているのかっ!のんきに高層ビルとかと撮ってたけど…にわかに場所撮りじゃぁ!

こんな時に子供たちは役立ちますね。ズイズイ入っていくし。おいおい!

待つこと30分太陽が富士山の陰に…んnnnちょっとずれてない?これ。結局、なんだったの?この人だかりは。


多々良沼の白鳥

2012年1月23日フォトログ,鳥撮り

熊谷の事務所から1時間も群馬県館林方面に走ると「多々良沼」という結構おおきな沼があります。前々から白鳥の越冬地として有名なのは知っていたんですが、さほど興味もなかったもんで、ついぞ行くことはなかったんです。

前の日に氷柱の撮影で秩父に行き、思ったよりも帰りが遅くなったんで、カメ友と一緒に事務所にお泊して…翌日、なぁ~んかカメラ抱えて行くとこないかなぁ~と話しているうちに、そういやぁ~多々良沼の白鳥でも撮ってみっかぁ~ってな流れで行ってきました。

なにっなにっ!めちゃめちゃ面白いやん!!!鳥を撮るのがこんなに楽しいなんて!しかも、ここの白鳥、見物人が多いこともあって、人にかなりなれてます。近寄れるしっ!

もう夢中で、羽ばたきの瞬間やら、飛翔シーンなど撮りまくりです。

周りには大砲かかえて撮影している猛者たちも…なるほどねぇ~こういう人たちが、うん十万するようなバカ高いレンズ買うのね。

飛翔シーンにもチャレンジ。なんとか撮れましたよ。

K-5(というかPENTAXのカメラ全て)のAFについて、いろいろ言う人が多いですが、この程度なら全然平気!白鳥、白鷺、カモ.etcクラスの鳥は、カワセミとかツバメとかの小型の鳥と比べて追いかけやすい…とっいっても、運動会の子供なんかよりは、全然すばやい訳で…「PENTAXのAFは」的なバカのひとつ覚えのような批判はやめて欲しいもんです。

それにしても…

昨年、一本まともな望遠レンズがほしいと思って手に入れておいた「SIGMA APO 100-300mm F4 EX DG HSM」。かなりのお気に入りレンズなんですが、周りの猛者たちに比べるとなんとな~く素人丸出しって感じで…恥ずかしくなってきちゃいました。

子供の運動会にこのレンズ持ち込んだときは、学校イチの大砲だったのにぃ。

白鳥以外にも、白鷺やカモ、川鵜、スズメなどもいて、一日中、夢中で撮影してしまいました。最後は、1000枚越えでメモリカードがいっぱいに…はじめての経験でしたね

んnnnnnn~…しかし、こりゃはまりそうだなぁ~ああっ新たな沼がぁぁぁ!しかも、望遠レンズってちょっとっていうかかなり財布に痛いしぃぃぃ!


「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」奥秩父に行ってきた

奥秩父の冬の名勝「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」に行ってきました。

なかなか関東では、ちゃんとした雪景色が撮れないので、なぁ~んかないかなぁ~と思っていたら、偶然、秩父線の駅でポスターを発見。早速、ネットで調べて特攻です。

いやっ…しかし遠い!寒い!事務所のある熊谷から行ったのにも係わらず…行きは結構疲れました。

でも、行く価値はありましたよ。

宣伝だけで、行ってみたら案外しょぼいのでは…と危惧してましたが、いやいやどうして!立派なもんでした。

だんだん暗くなってきて…しんしんと寒さが体こたえてきた頃、見物人がなぜか増えてきます…なるほど、夜になるとライトアップもしてくれるんですね。

カラバリもあるようです。しかも、時間とともに色が変化するというおまけつきでした。

あたりも真っ暗になり、耐え難くなってきたので、そろそろ撤収しようかと駐車場に向かうと…ああぁ、焚き火してくれてました。あったか~い!

ここって、夏場はキャンプ場をやっているらしく、センターハウス的なものがあり、甘酒やトン汁などが売っておりました。…焚き火のそばで、甘酒を飲みながらホッと一息ついて帰路に…帰りはバイパスで。

ようやく事務所にたどり着いたら「あれっ!」三脚がないぃぃぃ!SLIKのPRO-MINI Ⅲを忘れてきたぁ~よ。ああっ焚き火の写真とった時に使ってそのままにしちゃったのね…

 

翌日、連絡して送ってもらいました。ご親切にありがとうございました。ただ…お礼に送ったお菓子のほうが高くつきました…


SMC PENTAX FA31mmF1.8AL Limited

去年末、ついに憧れの…というか!PENTAX単焦点レンズ群の最高峰といっても過言ではない「SMC PENTAX FA31mmF1.8AL Limited」を買っちゃいました。

営業帰りのいつものコースで、ニッシンカメラをひかし、秋葉原ヨドバシカメラをひやかし…ちょっと店員さんと話していたら…そこから記憶があいまいに…気が付くとなぜか「おおっ!」手元にあった訳です。

矢も立てもたまらず…実写です。

K-5(F1.8 SS1/15 ISO80)

いや~素晴らしいですな!開放からシャープです。ボケ味もいい!

 

K-5(F2.8 SS1/6 ISO200)

F2.8まで絞れば、文句なしのシャープさです。ヌケもいい!

 

K-5(F8 SS15秒 ISO80)

もちろんF8まで絞っちゃったりしたら…あたし、しぼってもスゴイんですぅ!

 

K-5(F1.8 SS1秒 ISO80)

あんまりいいので、もういっちょ開放F1.8で。どうよ!

 

この「FA31mmF1.8AL Limited」写りに関しては、文句のつけようがないですね。さすがFA Limited三姉妹の長女!素晴らしい!

ただぁ~ちょっと大きいぃ?フルタイムマニュアルができないぃ?意外と寄れないぃ?ってとこが難点ですかねぇ~それと…高い!財布に痛い!※リボっちゃいました(涙)

まぁ一度買えば、二度買う必要はないので…PENTAXユーザならこれは外せないかと。

SMC PENTAX FA31mmF1.8AL Limitedの作例


FA31mmを使ってみたくて…新年早々忍城に。

2012年1月11日フォトログ

昨年末にとうとう購入してしまったFA31mm。バタバタとなかなか持ち出すことが出来なかったので、買い物のついでに忍城に行ってみました。

「のぼうの城」っていう映画が今年公開(ほんとは昨年の予定だった)されるそうで、公開後はぐっと観光客も増えることでしょうね。

御三階櫓というなかなか立派な建物と鐘楼が再建されていて、なかなかに見ものであります。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。