2012年11月02日 « Kマウントなフォトログ|PENTAX REVIEW
PENTAX review BLOG

2012年11月2日

柿があちこちでたわわに実ってますね。

ここ熊谷近辺では、あちこちで柿が実っております。

しかしあれだね。木になっている状態をおいしそうに撮影するのって難しいよね。

近くにミカンもあんだけど、やっぱり難しい。

まぁ相変わらずド下手写真なんだけど、なんとかレンズの力なんかを借りつつ撮ってはみました。

旨そうかなぁ~?

ホワイトバランスだけは曇りにしてみて、ちょっとだけ柿のオレンジを強調してみたけど…どうだろね?


K-5Ⅱsを手にしてから変わったこと

正直K-5を手にしたときからローパスフィルターに関しては不満があって、ちょっとでもいいレンズを使ってみたり、シャープネスを研究したり、Raw現像ソフトをいろいろためしたり…工夫してきたんですよね。

その思いが通じたのか…ようやくK-5Ⅱsが発売され…念願かなった訳です。実際、K-5Ⅱsは写りっていう面には全く不満なし!自信をもって言い切れる!

だから僕が次の機種に求めるのは…高画素化というかより細かな画素ピッチなんだよね。

ちょっと前にK-3が2400万画素のAPS-Cだって噂があって、そん時はフルサイズ機を熱望していたので、がっかりだなぁ~とか思ったんだけど、今となっては正直な話APS-Cで出てくんないかなぁ~と思ってるんですわ。これが。

高感度はK-5やK-5Ⅱs並ってのが条件だけど、フルサイズじゃないほうがいいと思ってる。

理由はいろいろあんだけど…

  • K-5Ⅱsでここまで解像感があがってしまうとフルサイズにしたからってねぇ~むしろ画素ピッチの狭いAPS-C高画素機のほうが期待できる。
  • フルサイズになるとレンズが大きく重く高くなる。値段ことはともかくとしても大きく重いのはイヤだ…実際FA☆28-70mmとかを常用するのは絶対イヤ!FA LimitedくらいならいいけどDAレンズなんかさらにコンパクトだしね。
  • フルサイズにしたところで中判のようなすごい写真が撮れるわけじゃない。特にボケ味とかね。※価格の板で中判の巨匠たちの作例みてると震えるもん。

てな理由なんすよね。あと非常に地味な理由としてAPS-Cの画角に慣れちゃってるってのもあるね。

なんで僕的にはPENTAXはフルサイズは出さないってのも大歓迎なんだよね!PENTAXはAPS-Cの上は中判645ですと。堂々と宣言してくれたら拍手喝さいっすね。

腕を磨いて、いつかは645もしくは67もいいかなぁ~なんてのが夢ですね。67デジタルバックとかね。

ただ、先日PENTAXの北沢さんもおっしゃってたけどフルサイズは出す(マーケットの流れですからね)ということらしいので、出ちゃうとやっぱ欲しくはなるんだろうなぁ~と。願わくば、ただの普通のフルサイズ機じゃなく、PENTAXらしいサプライズがあるといいなぁ~と思う今日この頃です。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。