PENTAX review BLOG

中間リング

本日二本目は「里の春」

コダワリ騒動には一応のかたをつけましたので…いつもの楽しい写真ログに戻りますです。

当然ですが、春は桜だけではない訳ですよ。

ただ、桜の時期と重なってっていうか、そもそも桜の現像が難しいから今回の騒動になってしまったわけで…

まぁ~とにかく今日は桜ではない春をと。

写真を真剣に撮るようになって、ここ熊谷近辺の名もない単なる田舎が、にわかに貴重なロケ地になってきているのですが、今回もそんな場所で見っけた春でございます。

タンポポは春の花の一方の主役ですね。

つくしとオオイヌフグリ...日本の春って感じだわ。

もういっちょつくしを主役に....実際、何十年ぶりに見ましたね。

里山の桜...管理されていない自然な感じがいいなぁ~と

これだけは、さきたま古墳群で撮影...ここいらは菜の花が多いんです。

それにしても「つくし」…ほんとに何十年ぶりにみましたね。

子供ころは、田んぼの畦や山肌なんかにでてくる「つくし」狩り?に、母といったものですが、すっかり存在自体を忘れておりました。東京で見かけることはないですからね。

久方ぶりの郷愁の…ほのぼのとしたあたたかい気持ちになりました。

 


桜のおまけ…と言っては失礼かっ:その壱「乙女椿」

春は桜が主役ではあるんですが、当然ながら色々な花々が咲き始める季節でもありまして…

梅はもちろん、木蓮なんかもあり…ってことで、桜撮影行脚で見かけた春の花も紹介していこうかと思います。

第一弾は「乙女椿」でございます。

椿といえば、中心にオシベががっつりとした存在感で、鎮座している訳ですが、この乙女椿は千重咲きの椿であります。

乙女椿って遠目にはバラにも見えますよね!

ああぁ~ちなみに一枚目と二枚目は中間リングつけて撮影してます。

まぁ~それにしてもなんとも優しく深い緋色なんでしょうねぇ~気品と色気を感じるお花です。

さしずめ「セレブ妻」という感じでしょうかっ!?乙女なのにぃ?

 

乙女とかけて、セレブ妻と説く…で、この方のこの曲であります。

 

 

単なる駄洒落なんですがっ

当時、女の子で乙女座であれば、だれかれ構わずに、勝手にドキドキしたもんでした!

えぇえぇ~そうですとも!獅子座なんです(笑)


春らしく

本日は、残念ながら曇り空…桜は曇り空には映えませんからねぇ~

しかし、予報では週末も天気は悪そうだし…

なぜ、この桜の時期に!っと恨み節もでるわなぁ~

まぁ~未現像カットもタップリたまっていることだし、丁度いいかぁ~ってことで、現像でいじってみましたよ。

憧れのハイキー系です。

春爛漫~って感じで。

菜の花もね。

菜の花畑をバックに大島桜!

ソメイヨシノをFA77と中間リングで

桜はハイキーが似合いますねぇ~

そもそも、桜の花の色って微妙で繊細な色なので、再現するのがひじょ~に難しいですから、逆にこういうほうが記憶色に近いような気がします。

 

 

リクエストにお応えしてみましたっ!


K-5Ⅱsのマクロな作例(FA77mm+中間リング)

価格の板でマクロ撮影の作例な少ない!っていう要望がありましたんでやってみました。

ただ、単体で等倍がでるマクロレンズもってないんで、FA77に中間リングをとっつけてやってみましたぁ。

倍率はよくわかりませんが、それなりなんじゃないかと…

加えて、自然の状況でマクロ撮影を成功させる自身がなかったので…公園で拾ったきたたおたれた花を花瓶に生けて…室内、三脚撮影です。

ただ~し。

中間リンクを三連でとっつけたちゃうと、フォーカスリングを回してピントあわせるのってほとんど不可能なので…三脚ごと動かしてピントあわせました…のであんまり自信なしでございます。

んで、二枚目の写真のアップ(ピクセル等倍)が下の写真ね。

上がエクストラシャープネス0、下がシャープネス0でございます。

よく解像してるんじゃないかと…思いますが。

事例としては虫の複眼とかのほうがいいと思うけど、持ち出せる等倍マクロレンズもってないしね。

中途半端ですんません。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。