PENTAX review BLOG

A 135mm F2.8

熊谷でも白木蓮が満開でございます

白木蓮が満開ですね!

先日、東京の自宅近くで白木蓮が満開だったのを見かけていたんですが、結局、撮影はできずにいたんですが…

熊谷にもありました!ありました!加えて、なかなかに立派な木だし!

ここのところ梅の開花が遅く、桜の前の主役の座を奪われがちでございますが、大振りの花が満開になった様子は、見事なものでございます。

例によって波動砲発射!!

白い花がまぶしいんであります

花弁にしみもなく...清楚かつ大胆なフォルムです

もっと愛でられていい花だとおもいますな

ここのところ、昼の散歩の時にはフィルムカメラしか持ち歩いていないので、わざわざ事務所までIIsくんを取りに戻りました(笑)

さぁ~て、そろそろ桜の季節ですねぇ~

明日は天気がよければ、桜を狙おうかなァ~

 

 

ってか、もう春ですねっ!


お台場に行ってきた~その参

お台場編も最後であります。

しかし厳しい!止めるのがっ!手袋を使った半手持ちでは…ss2秒が限界です!

まぁがんばったほうかぁ~ということで、仕方なく三脚可能なエリアに移動であります。

まずは砂浜からフジテレビとかのある高層ビルを撮影…そして、東京湾岸の夜景をと。

が、ここからが大失敗でありました。

このお台場海浜公園から西方向には、ショッピングセンターやら公園やらが続いていて、夜景撮影にはもってこいなんでありますが、そっち方面からだと必ずレインボーブリッジが画角に入ってきてしまうんですよね。

もちろん、それはそれでいいんですが、今日は東京湾岸をメインにした夜景を撮りたかったので、東方向(有明方面)に移動です。

どこか適当な場所から開けた東京湾岸をという計画です。いや、でした。

東に移動しては、海に近づけそうな道を北上するも、ことごとく工事中やら倉庫の敷地やらに邪魔をされて…見渡せません!

結局、ゆりかもめの市場前駅まで歩き…全滅でありました(*´・・`*)

悔しいの市場前駅からちょっと見えていた東京タワーを撮影し、撤収であります。

あぁ~疲れた!そもそも海浜公園あたりをうろうろしていたのに加えて…

三枚の夜景から四枚目の東京タワーまで…約5km!歩いたし!

次回は、絶対、マンフロットのポケット三脚とNDフィルターを持っていくし!

ロケハンしとくし!

死ぬほど疲れたし!

 

気を取り直しコラボです。

大人な夜景にはやっぱこれ!っす!

 

 

Whitney HoustonのSaving All My Love For Youです。

Whitney Houstonといえば、惜しい人を亡くしましたねぇ。


ビバ!関東平野!広い!ひろ~い!

北風が去り、本日の空気はきれいに澄みわたっておりますよぉ~!

事務所のベランダから毎日空を眺めるのが習慣なんですが…今日は年に数回あるかどうかというくらいのベストシーングであります!

ということで、早速、仕事を抜け出していつもの荒川土手にいってまいりました!

残念ながら富士山は、おもいっきり逆光の時間帯でほとんど視認できませんが…

逆方向の赤城山、日光方面は…おおぉぉ見える!見える!見えるぞぉぉぉぉ~!

まずは、北東方向の全景。真ん中の町らしきものが熊谷市の市街地でその奥が上州の主役「赤城山」でございます。写真、右方向が日光方面、左方向が榛名山方面ですね。

まず、右の日光方面から望遠で見ていきますと…

見える!見える!真ん中やや左の一番高い山が日光の「男体山」ですね。男体山のすぐ右に隠れるようになっているのが「女峰山」か?と。さらにその右の山は栃木・福島県境の「荒海山」じゃないかと。

で、日光方面から目をすこし左に移すと…「袈裟丸山」「庚申山」「皇海山」あたりじゃないかと。「男体山」とは中禅寺湖をはさんで向かい側の山々ですね。

で、さらに左に目を移すと…マンションの向こうの雪山は「武尊山」じゃないかと思われます。

で、これが、上州の主役、我らが「赤木山」でございます。手前の街は熊谷市街地で、画面右側の紅白の鉄塔の手前あたりにうちの事務所がございます。

「赤城山」の左裾の部分のマンションの向こうの雪山は、群馬・新潟県境の「朝日岳」あたりだと思われます。

で、さらに左方向は、上の「朝日岳」あたりからつづく「谷川岳」を中心とした三国連山ですね。山の向こうは皐月の樹さんのフランチャイズですな。

で、これがやはり上州名物の「榛名山」ですね。

で、さらに左に目を移すと、群馬・長野県境の「浅間山」でございます。

しっかし、こうやってみると関東平野ってほんとひろいよね!関八州はもちろんのこと、福島、新潟、長野、山梨のほうまで見渡せるわけだから。

まぁ~でもこうやって写してみると…やっぱりもう少し近づいて撮影したくなるんだよなぁ~ただ写るってだけじゃなくてちゃんと作品にしたいよなぁ~と。

でも、こっからは一望できるけど、個別に行くとなると…かなり遠いんだよね。勘違いしちゃぁ~いけませんな!

 

で、本日のコラボは…

 

 

松山千春さんの「大空と大地の中で」でございます。

この人は…なんとなくつかみどころのない人ですが、少なくとも歌は一級品ですよね。


もはや日課になりつつある仕事帰りの夜景撮影

アポを夕方くらいに入れ、帰りに東京の夜景撮影ってのが、この頃のパターンであります。

で、今日は色々迷ったのですが、やはり東京ミッドタウンのクリスマスイルミネーション….と、その前にちょっと寄り道。

日比谷線を神谷町でおりて、まずは東京タワーでございます。

なぜかというと、打ち合わせを終えて空を見上げると綺麗な月が…ふつふつと月と東京タワーのコラボを撮りたくなった訳です。

そんで途中下車したんですが…近くにいっちゃうと月とコラボっていっても、すんごく小さくしか写んないジャン!ってことに神谷町に着いてから気付いたんですよね(悲)

なのでコラボは中途半端に失敗!

そんでも、東京タワーは美しくキリッと建っておりましたので…まぁよかったかと。

存在感ありますな

真下からシンメトリーに

下にはクリスマスイルミがありました

中途半端なコラボ月

中途半端ついでにもういっちょ!

でぇ。恒例のコラボ曲は、コブクロの「蕾」でございます。

数年前に「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」っていうリリー・フランキーさんの著書がテレビドラマ化された際、主題歌として使われた曲でございます。

リリーさんの自叙伝でもあるこの本は、リリーさんとリリーさんの母上とのお話なのですが…

すごくお母さんっ子である点、福岡から東京の大学に行き、東京でふらふらと放蕩三昧の息子という点…数々の点で、自分に重なるものがありまして…

本を読み、ドラマを見、映画を見、その都度、号泣してしまうというお話なんでございます。

 

 

いい歌だなぁ~あっまた涙が…

ああっちなみにうちの母は元気に北九州で生きております。親孝行しなきゃなぁ~!

 

 

映画版の予告編ですが…これもいい!

このお話に「東京タワー」ってタイトルがついている理由…なんとなくわかるんだよなぁ~。


僕の中の勝手なイメージなんですが…

音楽ありきなんですが…

どうしてもこの曲をコラボしたくてですねぇ~僕のなかの勝手なイメージをコラボしてみました。

曲は「ホテル・カリフォルニア」です。

イーグルスのこの名曲は、僕の洋楽への扉を開けてくれた曲なんですよ。

親戚のにいちゃんが聞かせてくれたんですが…確か小学校の高学年くらいだったと思う…それ以来、洋楽中心、しかもちょっと古い系のやつばっかりに。

今でも、その辺りの時代から90年代前半くらいまでの曲が、僕の中でのスタンダードなんですよねぇ~。

で曲のほうは「ホテル・カリフォルニア」でございます。

 

 

一度、解散したけど再結成して来日もしてるんですよね。

次に日本に来ることがあったら絶対に聴きに行こうと思っとります。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。