PENTAX review BLOG

ASAHI PENTAX K2

K2四本目…徐々にですが操作になれてきました。

K2での撮影も四本目(モノクロでは三本目)に入ってきました。

今回の収穫はようやくピントの山をつかめてきたかなぁ~ことですかね。

逆に最近悩んでいるのが…いつ持ち出すのかってこと。

さぁ~桜を撮るぞぉ~ってときは、最近のマイブーム「立体感」のこともあって、K-5IIsにいろんなレンズを持ち出すので、なかなかカバンのなかにスペースがなく…ちょっと悩んでます。

長瀞の梅を撮影にいったときのカット。バッチリピントきてます。

手前のマウスにピンをおいてます。真ん中以外のピントは苦労します。

ハンドルの中の部分にピンをおいてます。それにしてもボケが大きいです。

マリリンの写真を見つけたので...撮ってみた。ピンは真ん中にきっちゃってますが...

やっぱフィルムは線がやわらかいですね。

二枚目の写真なんかとろけるようなラインです。

ところで…K2には、今、プロビア100Fを入れてみてるんですが、なんとなくもったいない感じがして、適当にシャッターが切れません(笑)

やっぱしばらくは、モノクロにしとこうかなぁ~

あっ!MXで撮影したカラーネガもあがってきたので、それはまた後日。


今回のK2の秀作

このフィルムを撮影しているときは、光と影について明確な意図があったわけではないですが…いいなぁ~と思える秀作を集めてみると、やっぱり光と影が主役だなぁ~と。

考えてみるとこれって、デジタルっていうかカラー写真の裏返しなんですよね。

モノクロのほうがいいと思える絵は、裏を返せば、カラーではもうひとつってことにもなるわけで…

な~んかヒントがあるような。


モノクロフィルムで切り取る光と影

K2モノクロ現像があがってきました。

あっという間の三本目です。

まぁシャッター幕の問題なんかもあったので、いろいろな被写体を撮影したんですが、やっぱりモノクロ写真には光と影の描写がよく似合いますね。

今後のモノクロ写真のテーマは「光と影」になっていきそうです。

この一本は、前半をFA77でやったんですが、予想通り中望遠クラスになるとAPS-Cと135判のフォーマットサイズの違いによる画角の差を感じることができますね。

FA77の表現力、PENTAXレンズの中でも最も気にっているんですが、APS-Cでは少し遠くて活躍の場が限られますが、135判になると手軽で使いやすい印象になります。

 

ああぁ~ちなみに、時々シャッターが不調になって一部写り込んでしまう件、原因が判明しました(おそらくですが…)

フィルムを巻き取ってからしばらく時間がたってからシャッターを切ると問題が起きてしまうようです。

特定のシャッタースピードが使えないってことがじゃなくて、ちょっと安心しました。

なので、シャッターを切る直前に巻き取って、直ぐにシャッターを切れば問題なし!のはず!

しかも、よく見るとシャッター幕に油ジミのようなものがあったので、軽~くふき取っておきました。

ふき取り後は、巻き取りからシャッターを切るまでにタイムラグがあってもしっかり切れいているようでしたが、念のため、切る直前に巻き取りをすることにしています。

まぁ~古いカメラですからね。いろいろありますわ。


K2 in 吉祥寺 ラストです

いやぁ~スキャンの成果を見せたくてですねぇ~なにしろ今週は夜な夜なフィルムとスキャナーを相手に格闘しておりましたもんで…

しつこいですが、K2 in 吉祥寺でございます。

もはやどこで撮影したのか忘れました...

これは吉祥寺大通り沿いのビアホールであります

商店街の中の古本屋さん...ちかくにBOOK OFFができても元気です!

ホープ軒です。ラーメンブームの前から有名なお店です。背アブラタップリ!

上の四枚は昨日スキャンしたんですが、結構、ホコリがあって…スポッティングツールでしこしこ消しましたぁ~

ので…本日、再びスキャナーを分解し、ガラスの内面をクリーナーで再清掃!

結果、ホコリをスポッティングでとっているので…あまり差はなく…汗

でも!スポッティングの回数、領域ともにとても少なくなったんだもんね!…単なる自己満?

という訳で、次回からはスポッティングの減った写真をお見せいたしますっ!


吉祥寺ハモニカ横丁 with K2

昨日に引き続きK2カラーネガ写真です!

吉祥寺をぐるっとまわって撮影した訳ですが、吉祥寺にはハモニカ横丁という闇市から続く商店街が残っています。

基本的に飲み屋さん的な飲食店が多いのですが、ほそ~い路地の混沌とした雰囲気は、フィルム向きな被写体なんであります。

昼間でも薄暗いので、デジカメだとなかなか厳しい路地なんですが、ラティテュードの広いネガフィルムならテキト~で撮れてしまいますね(笑)

 

話は変わりますが、フィルムスキャン…なかなか難物でございます。

どんなにブロワーで拭いても、専用の布で磨いても、ホコリが残るし…ニュートンリングも出るし…

まぁ~気にしない気にしない!ですねっ!


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。