PENTAX review BLOG

マクロレンズ

今日は白梅

ちょいと買い物ついでに…梅を撮ってきました!

が、やっぱまだちょっと早いですね。満開は来週あたりかなぁ~

日当たりのいいところにある数本だけが5~7分咲きってところでした。

んで、今日は魚で曲げてみましたよっ!

おもしろ~い!

これマイブームになりそうです。

魚の目ちゃんは、めちゃくちゃ寄れるので、独特に描写ができますね。

上の写真はじゃっかん失敗気味だったのでトリミングしてますが、次回はきっちり曲げます!

満開の桜でやったどうなるんだろう?!

楽しみなんであります!


んで、蝋梅です。

昨日は、本来、蝋梅(ロウバイ)を撮りにいったんです。

長瀞の宝登山(ほどさん)は、蝋梅園が有名で、ロープウェイで頂上に登るとたくさんの蝋梅が植えられております。

が、ロープウェイの乗り場付近にも、何株かがありまして…見るとまだいまいちな感じ。

で片道410円(往復なら800円)の乗車賃をケチって、乗り場付近にある蝋梅でお茶を濁しぃ~

まだまだツボミがほとんどでぇ~

開いていてもこんな感じだしぃ~

MAXでもこの程度だしぃ~

って感じでありました(残念)

ただ、火祭りも収穫だったんですが、あらためて長瀞/秩父あたりは面白いなぁ~と思えたことが収穫でございました。

これまで何度かいったことはあったんですが、あらためて行ってみると…片道1時間程度、昭和な感じがあちこちに、自然豊か…

ってな訳で、今後はちょくちょくいってみようかとおもっちょります。

 

で、ちょっと別の話。

フィルムカメラを物色しておった訳ですが、とりあえず、半ジャンクのK2をヤフオクで落札してみました。

ヤフオクポイントがあったので、実質2500円ほど!まだ、手元に来てませんが、今からワクワクしております。

モノクロフィルムつめて、秩父の街並でもとおもっております!

FA Limited+K2!ああぁ~夢が膨らむぅ~


月を撮っていたら…

月を撮っていたのですよ。

雲がかかっていて…だけど明るい月…幻想的なのでね。

そのうちだんだん雲が切れてきて…木星でAFアダプターのAFがきくかどうかを試してみようと…した訳です。BORGにつけてね。

そしたら…ほら!木星の縞模様がかすかに!

nnnnNNNN…ほんとにかすかっ!だけど月以外で始めてこの手の写真が撮れたぁ~パチパチ!

しょぼ~い木星なんですがっ!記念に!UPします!

680mmでも縞が写ることがわかったんで明日からが楽しみっ!木星写真やりまっせぇ~!

あぁちなみにAFが効くかどうかの検証はできませんでしたぁ。さすがに手持ちでは、真ん中に木星を入れ続けることができなかった(笑)

明日からはさすがに三脚立てますっ!

超かすかな縞模様!

こっちが本来撮っていた月っす


K-5Ⅱsのマクロな作例(FA77mm+中間リング)

価格の板でマクロ撮影の作例な少ない!っていう要望がありましたんでやってみました。

ただ、単体で等倍がでるマクロレンズもってないんで、FA77に中間リングをとっつけてやってみましたぁ。

倍率はよくわかりませんが、それなりなんじゃないかと…

加えて、自然の状況でマクロ撮影を成功させる自身がなかったので…公園で拾ったきたたおたれた花を花瓶に生けて…室内、三脚撮影です。

ただ~し。

中間リンクを三連でとっつけたちゃうと、フォーカスリングを回してピントあわせるのってほとんど不可能なので…三脚ごと動かしてピントあわせました…のであんまり自信なしでございます。

んで、二枚目の写真のアップ(ピクセル等倍)が下の写真ね。

上がエクストラシャープネス0、下がシャープネス0でございます。

よく解像してるんじゃないかと…思いますが。

事例としては虫の複眼とかのほうがいいと思うけど、持ち出せる等倍マクロレンズもってないしね。

中途半端ですんません。


M MACRO 100mm F4(K-5)解像度:ピクセル等倍画像

総評

  • F4開放時はピーク時と比較すると若干あまめの描写だ。ただしその差はわずかだ。
  • F5.6でほぼピークに近い解像感になる。
  • F8でピークを迎え、Limitedレンズやスターレンズには及ばないもののその解像感のレベルは高い。
  • F11で回折の影響がわずかに出始めるものの僅かだ。かなり細かく見なければ気付かないレベルだ。
  • エクストラシャープネス(ピークF値のF8)はLimitedレンズやスターレンズに及ばないものの高レベルの解像感だ。

中古相場で1万円以下で入手できることを考えるとかなりお買い得感の高いレンズですね。
開放からF11まで解像性能におおきな差がないという点は高く評価していいんじゃないでしょうか。被写体や画作りの面で安心して絞りを使うことが可能ということですよね。
思ったよりもずっとよい性能を持っていることがわかったんで…現行レンズ(DFA MACRO 100mm F2.8 WR)と比較できないのがちょっと残念です。

解像度テスト等条件

  • ボディ:PENTAX K-5
  • ISO:200
  • カスタムイメージ:ナチュラル(パラメータは全てプラスマイナス0)※下段のエクストラシャープネスのみ+1
  • 露出補正:+1
  • 画像はすべてピクセル等倍

中央部分

・F4(開放F値)

・F5.6

・F8

・F11

エクストラシャープネス

・F8


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。