PENTAX review BLOG

PENTAX Digital Camera Utility

Tiff現像!その手があったかぁ!

2012年11月7日デジカメ雑記帳

Pic-7さんから耳寄りな情報をいただきましたっ!

Tiff現像ね…ま・さ・に…灯台下暗し!

早速、本日のスナップで試してみました!

(1)ボディ内でざっくりパラメータを調整して現像(こんときTiffで現像ねっ!)
(2)Tiff画像をPDCU4で読み込んで、さらにパラメータ調整をして追い込む!
(3)jpgに書き出し!これでOK!

ボディ内で現像したときの状態をTiff画像は維持していてくれるので、たとえば、パラメータをいじってもエクストラシャープネスの情報などがリセットされることがない!

すばらしい!エクセレント!

ただし…いくつかの注意が必要ではあります。

(1)ボディ内でjpg現像をした場合と同じで出力状態がデフォルトになる。(例えば…ボディ内でモノクロで現像→PDCU4で鮮やかをかける→もともとモノクロになっているので色は復活しない→ボディ内である程度の現像方針は決める必要がある)
(2)データ容量がDNGなどのRAWファイルよりも大きくなる(47,234kB)→書き出しに時間がかかるし、SDカードの残量により注意が必要。

だ・け・ど!こりゃいいわ!

ボディ内現像とPDCU4の二重現像体制ではあるものの…これまでに比べると格段にいい!他社製RAW現像ソフトでもPENTAXカラーが失われない!シャープネスの情報が消えない!

しばらく採用決定!ね!

 


結論としては…PDCU4の呪縛から逃れられないようで。

前回「PDCU4とおさらばできるのか?」で大型モニターとHDMIで接続すればボディ内現像が快適になるのではないか…と問題提起しましたが…

結論としては駄目ね。

確かにボディの小さな液晶画面でやるよりはまし…感じは掴みやすい…けど、やっぱちょっと厳しいなと。

再生の場合は、キレイに映ってくれるんだけど、なぜかRAW現像の画面にいくとディテールがつぶれてしまいます。アナログ入力のモニターでみてる感じ…といえばわかりやすいかな。

RAW現像の画面で拡大表示できない….ってのと理由は同じなんでしょうね。再生時とRAW現像時の写真は違う理屈で表示されているんだと思われます。

PC DEPOに行って、そこそこスペックのよさそうなモニターや定評のある三菱のモニターとかでもためさせてもらったけど、結果は同じでした…ガッカリっす。

という訳で、しばらくPDCU4からは逃れられないようです。

ただ、別件でひとつ発見したことが…ここんとこのモノクロ、銀残し修行の過程で撮影した写真を一旦ボディ内で銀残しで現像してから再度PDCU4で再度、加工・調整を行う手法なら、当たり前なんだけどエクストラシャープネスなどが失われることがないんですよね。

この方法なら、安心してPDCU4が使えるなと…ただし

これまた理由はわからないけどjpgをPDCU4で加工するとシャープネスがさらにかかったような感じになるのよね。なので、jpg現像時にはシャープネスを一杯までおとしてやることが必要なようです。下の写真はそんな過程を踏んでみた写真ね。

いろいろめんどいなぁ~

ブルーな気分(銀残し)

いつから?(モノクロ)

建てません?(モノクロ)

フットワーク(銀残し)


PDCU4とおさらばできるのか?

2012年11月4日デジカメ雑記帳

価格板でいいこと聞いちゃったぁ~まさに灯台もと暗し!です。

前々からこのブログでも言ってますがPDCU4の野郎の使いにくさったらない訳で…なんでボディ内現像してたんですが…

HDMIでモニターにつなげば…でかい画面でボディ内現像ができるんですよねっ!※ビデオケーブルでもいいのよね。でもアナログだし…なんでHDMIね。

ボディ内現像の操作に関しては、熟練しちゃってるし…モニターの大きさだけが不満だったので、もしかしたらこれで全て解決!かも!

この間方針決めた!って言ってたけど…とりあえず保留ね。

んでもって早速ヨドバシでHDMIケーブルを購入してきやんしたよ。とりあえずテレビに接続…

おおっデカイ!感じも掴みやすいっすぅ~!こりゃいいわ。

まぁ~あくまでもボディ内現像なんで細かな現像やいろんなパラメータはいじれないけど…かなり快適っす!

あとは…テレビじゃちょっと不便なんでHDMI入力のあるモニターをGetしよ!っと。

一式セットがそろったらまた報告しま~す。


やっぱしっかり現像したほうがいいやね。

2012年10月27日フォトログ

さっきの飛行機雲…ちょっと落ちいて現象したのよね。

やっぱ、ちゃんと現像したほうがいいやね。

カメラの側にカスタムイメージとかホワイトバランスとか露出調整とかついてんだから、撮影するときにちゃんとやんなきゃならない…後でいじるのは反則だぁ~みたいな理想が染み付いてまして。現像でパラメータをいじるってのは潔くないぞ!と思っちゃうんだけど、実際には難しいよね。

方針決めた!

修行のために極力現場でいろいろパラメータは調整してみる…それでうまくいったものはボディで現像するけど、それが以外の現像はPDCU4でしっかりやる!

この間も書いたけど、K-5Ⅱsの解像感は必要十分なんだから今後は遠慮なくPDCU4でやるぞ!と。

もっともPDCU4のしょぼいのは改善してほしいけどね。マジで。


K-5Ⅱsになって地味~によかったこと

あいかわらずPDCU4はしょぼいっ!

っていうかせめてボディを同等のことができるのが最低限だと思うんだけど。どうおもいますぅ?

まっ気をとり直して…地味~によかったことってのは、このしょぼ~いPDCU4のことなんですよ。

どちらかといえばシャープな画が好きなんで、K-5んときはボディ側の設定で大体エクストラシャープネス+1の設定にしていたんですが、これをPDCU4にもってきて現像しようとすると…パラメータをちょこっといじっると…シャープネスの設定は元の木阿弥だった訳です。エッジがぼんやりしちゃう。

なので、めんどくさいけど気合をいれた現像の時は、ボディで現像→PCで確認→ボディで再現像→PCで…をやってたんっすよ。超めんどくさいっ!

K-5Ⅱsでもシャープネスの設定はもちろん消えるんだけど、元々の画像が解像しているので、気になるほどの影響が出ない訳です。

ちゅう訳で、ちょっとだけPDCU4でいろんなパラメータをいじる気になっているんでございますよ。そんでいじってみた…と。

っていうかなんでこんなことに喜びを感じなきゃならんのかわからんわ!おぅ!


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。